レッスンを受けてもフルートが上達しない本当の理由


あらやだ、衝撃的発言。

「責任逃れ?」と言われてしまいそうですが

でもこれは事実です。

 


大きな範囲でいうとそうなのですが

細かくいうと「上達しない考え方がある」

というところでしょうか。



向上心がおありの方はレッスンを受けられていると思います。

「レッスンを受ければ上達する」って思って。

 


間違いではないのですが、まあ正解でもないというか。



確かにレッスンを受けて上達する人はいます。

一回行っただけで理解してご自分のものにされる方いますよ。



でも大半の人はすぐには上達しないんですよね。



なぜでしょうか?



答えは「腑に落ちた」か否か。



人間の脳みそには2段階あるのです。

言われたことを「そうだったのか」と気づく段階。

そしてそれが脳に定着する段階。



大抵の人は気づいた段階を「上達した」と思ってしまうのです。



でもですね、物事ってなんでもそうですけど

わかっていてもできないのであれば

それはできていないと一緒なんですよ。



知ること、気づくことは本当に大切です。

この段階があって脳に定着するのですから

本当に必要なことなのですが



そこで満足しているから上達しないんですよね。



だからレッスンでも気づくことだけではない

脳に定着するように進めて行くことが必要になります。



私のレッスンでは、そのことを熟知しているので

そうなるようにレッスンを進めています。



ちょっとの違いで3ヶ月後の演奏は

かなり変わりますよ。



せっかく練習するなら、レッスンを受けるのであれば

上達するような進め方していきませんか?

 




2回の閲覧0件のコメント