技術を習得しても良い演奏にはならない


このブログをお読みの方はフルートを吹いていたり

何かしらの楽器をご経験されていると思います。



なので「良い演奏がしたい」という思いがおありだと思うのですが

そう思った時って技術の習得を考えますよね。



キレイな音色で演奏がしたいから

ソノリテを練習したり



指が回るようになりたいから

タファネル=ゴーベールを練習したり



歌うように演奏がしたいから

アルテを練習したり



何かしらの技術の習得をしますよね。



それってとても大事ですよね。

変化を求めるのであれば行動で

いつもと違う行動が必要になります。



でも、残念ながらそれだけでは

良い演奏に変わらないってご存知ですか?



私、これまで300名以上の生徒さんを

個人レッスンで見てきましたけど

練習しても、レッスンしても

良い演奏になる人とならない人がいるんですよ。



能力?才能?

なんて思われるかもしれませんが

そこではないです。



良い演奏をされる方って

技術の習得の土台に


「良い演奏をしたい!」


「こう吹きたい!」


「こう表現したい!」


っていう熱い想いがあるんですよね。



結局精神論、根性論?

って思われてしまうと思いますが

それらもゼロではないです。



物事何でもそうですが0↔︎100じゃないです。

バランスだったり、グラデーションだったりします。



良い演奏とは

『技術×想い×練習』

この三つのバランスです。



ぜひご自身の演奏にこの三つがバランスよくなっているか

確認してみてくださいね。




0回の閲覧0件のコメント