ロングトーンをしてもフルートの音色はキレイにならない

世の中には『ロングトーン』という練習があります。 一つの音を4拍以上長く吹くという練習です。

 


恐らく音色をキレイにするための練習なのだと思いますが

はっきり言ってこれでは音色はキレイになりません。



中には推奨しているプロの音楽家もいますが、日本人だけ。

海外のプレイヤーは、私が知る限り言っていません。



『ロングトーン』をしたら音色がキレイになるのであれば

プロは皆、毎日やっているはずですよね? フルート業界3大教本に『ロングトーン』について書かれた本があるはずですよね?



実際に『ロングトーン』をやっているプロを見たことがないのですが。 (長く音を伸ばす必要がある楽器はやっているかもしれませんが)



ちなみに私も、高校生の吹奏楽部の合奏練習以来やっていませんが

音色がキレイって褒めらますよ。



音を長く伸ばせば音色がキレイになるなんて、

月に向かってお財布を振るようなものですよ。



音色は正しい腹式呼吸と口の使い方次第です。



ロングトーンをしたからといって

正しい腹式呼吸ができるようにもならないし

口の使い方がうまくもならないです。



向き合うべきは自分の体と奏法。

だから『ロングトーン』は無意味なのです。






2回の閲覧0件のコメント