キレイな音色でフルートを吹くためには『クレッシェンド』



は?えっ?なんでクレッシェンド?


って思いますよね。




キレイな音色とクレッシェンドが繋がらない


と思うのは当然だと思います。




世の中、そういうものです。


そういうところに真実があります。




フルートは吹奏楽器です。


息を吐いて音を出します。




息は肺から出すのですが


息って限りがありますよね。




未来永劫、ずっと出続けるものではないです。


吐いた息はだんだんと減っていき


そして息を吸って、また吐きます。




息は常に増減しているのです。




だからクレッシェンドが必要なのです。


そういうことです。




私のレッスンでは


この原理に対応した練習をしているので


生徒さんの音色はキレイなのです。




ロングトーンではダメなのです。


クレッシェンドなのです。




よかったらクレッシェドの練習をしてみてくださいね。

(ただし、やり方に注意)









0回の閲覧0件のコメント