キレイな音色でフルートが吹ける『お腹の使い方』



フルートに限らず管楽器では


『お腹を使う』という言葉をよく耳にすると思います。




・お腹から息を吐く


・お腹の底から音を出す


・お腹を使って吹く




など、よく聞きますよね。


私も実際、吹奏楽部に在籍していた際にはよく言われていました。




でも、お腹って言っても広くないですか?


お腹全体使うって疲れません?




私『お腹を使う』という言葉に疑問を感じ


『お腹を使う』ということを徹底的に研究しました。




そうしたらわかったのです。


お腹と言ってもお腹全体ではなく


お腹のある一部分を使うと


とても効率良く使えることを!!




この使い方なら




・いつもより深く息を吐けるようになります


・いつもより大きな音量が出るようになります


・いつもより体の力を抜くことができます。




演奏が変わります。




お腹全体使ってもいいのですが


それはとっても非効率。




私のレッスンでは効率の良い


お腹の使い方をお教えしています。




みなさま目から鱗、びっくりされています。


そして息の使い方が変わったと喜んでおられます。




演奏って、同時に考えることとっても多いですよね。


なので効率良く吹ける方法で吹いていきませんか?






0回の閲覧0件のコメント