キレイなフルートの音色は『アパチュア』で作られている



『アパチュア』


それは美しくも気まぐれで


寄り添ったかと思えば自由に動いてしまう。




いやいや、ただの口ですけどね。




口だけに動かしやすく


コントロールしやすいのですが


でもだからこそ難しいですよね。




まず、ご自身の『アパチュア』を見直して見てください。




どのように使っていますか?


ギュッと力入っていませんか?


緩んで開きすぎていませんか?




キレイな音色が出せる『アパチュア』は


小さすぎず大きすぎず


硬すぎず緩みすぎず


自由自在にコントロールできる


柔軟な動きができる口です。




そのために練習はしていますか?


「柔らかく」って思っても動かないですよ?


気合いでなんとかなるものではないですよ?




キレイな音色のための『アパチュア』は


そうなるための専用の練習が必要です。




そうなるための考え方をして


そうなるための体の使い方をして


初めてキレイな音色が出る『アパチュア』になるです。




ぜひ『アパチュア』の練習しましょ。




閲覧数:2回0件のコメント