キレイなフルートの音色が出る『息の吸い方』



呼吸って大事です。


でも呼吸って何も考えなくてもできますよね。


だからこそ、フルートを吹くときの『呼吸』は大事なのですが




演奏用の呼吸があるってご存知ですか?




アマチュアの方はほとんど知らないと思います。


でもプロは演奏用の呼吸をしているから


長いフレーズを吹くことができるし


キレイな音色を吹くこともできるのです。




プロはかなり鍛えてます。


そしてアマチュアの人が想像できないような使い方をしています。




息を吸うことも、ただ吸うだけじゃなくて


キレイな音色が出るように考えて吸っています。




「たくさん吸う」


「思いっきり吸う」


「気合を入れて吸う」


「心を込めて吸う」




そんなレベルじゃないです。


具体的に科学的に理にかなった吸い方をしています。




体のどの臓器を使って、どの筋肉を使って


そんな吸い方です。




このレベルで使っているから


プロの呼吸は強くて長い。




プロだからできるのではなくて


知って訓練するからできるのです。




プロもアマチュアも同じ人間です。


才能の差でもありません。




知らないからできないだけ。


よかったら挑戦してみませんか?




0回の閲覧0件のコメント