キレイなフルートの音色は『アパチュア』で作られている

『アパチュア』 それは美しくも気まぐれで 寄り添ったかと思えば自由に動いてしまう。 いやいや、ただの口ですけどね。 口だけに動かしやすく コントロールしやすいのですが でもだからこそ難しいですよね。 まず、ご自身の『アパチュア』を見直して見てください。...

キレイな音色でフルートを吹くためには『クレッシェンド』

は?えっ?なんでクレッシェンド? って思いますよね。 キレイな音色とクレッシェンドが繋がらない と思うのは当然だと思います。 世の中、そういうものです。 そういうところに真実があります。 フルートは吹奏楽器です。 息を吐いて音を出します。 息は肺から出すのですが...

キレイなフルートの音色で吹ける『タンギング』

管楽器の演奏で欠かせないのが 『タンギング』 おそらく最初のタンギングって 小学校の音楽の授業で習ったリコーダーでだと思います。 学校によって違うと思いますが クラス担任、あるいは音楽専科の先生に 「タンギングは’トゥ’って発音しながら音を出す」 って習ったと思います。...

キレイなフルートの音色が出る『息の吸い方』

呼吸って大事です。 でも呼吸って何も考えなくてもできますよね。 だからこそ、フルートを吹くときの『呼吸』は大事なのですが 演奏用の呼吸があるってご存知ですか? アマチュアの方はほとんど知らないと思います。 でもプロは演奏用の呼吸をしているから...

キレイな音色でフルートが吹ける『お腹の使い方』

フルートに限らず管楽器では 『お腹を使う』という言葉をよく耳にすると思います。 ・お腹から息を吐く ・お腹の底から音を出す ・お腹を使って吹く など、よく聞きますよね。 私も実際、吹奏楽部に在籍していた際にはよく言われていました。 でも、お腹って言っても広くないですか?...

キレイな音色でフルートが吹けるようになる『画素数理論』

いきなりですが、私の生徒さんは音色がキレイです。 私の思い込みではなく、実際に言っていただくことが多いのです。 いろんなお教室の生徒さんが集まる 合同発表会で同業の先生から 「先生(私)の生徒さんは皆、音色がキレイですね」 と言われたり...

技術を習得しても良い演奏にはならない

このブログをお読みの方はフルートを吹いていたり 何かしらの楽器をご経験されていると思います。 なので「良い演奏がしたい」という思いがおありだと思うのですが そう思った時って技術の習得を考えますよね。 キレイな音色で演奏がしたいから ソノリテを練習したり...

上達するフルート演奏・練習には2種類ある

フルートを吹く目的ってなんでもいいと思います。 吹くことが目的でも、誰かに聴いてもらうことでも 演奏者が「楽しいな」「嬉しいな」って思う演奏であれば なんでもいいと思います。 でも誰かに聴いてもらえる環境なのであれば 聴いてくださる方に最高の音楽を届けたくないですか?...

ロングトーンをしてもフルートの音色はキレイにならない

世の中には『ロングトーン』という練習があります。 一つの音を4拍以上長く吹くという練習です。 恐らく音色をキレイにするための練習なのだと思いますが はっきり言ってこれでは音色はキレイになりません。 中には推奨しているプロの音楽家もいますが、日本人だけ。...

レッスンを受けてもフルートが上達しない本当の理由

あらやだ、衝撃的発言。 「責任逃れ?」と言われてしまいそうですが でもこれは事実です。 大きな範囲でいうとそうなのですが 細かくいうと「上達しない考え方がある」 というところでしょうか。 向上心がおありの方はレッスンを受けられていると思います。...

フルートを上手に吹くためには基礎が必要

このブログをお読みいただいている方はおそらくフルートを吹いておられる方だと思いますが、フルートって難しいですよね。 よく言われます。 「見た目は簡単そうに見えるのに、実際に吹いてみると音が出ない」 「さら〜って軽々吹いていますよね」 「リコーダーの延長のようなもの」...

フルートの音色がキレイになる方法

皆様、こんにちは。 今日はフルートの音色がキレイになる方法をお伝えしていきますね。 やっぱりフルートの魅力って音色ですよね。 フルートを吹くからにはキレイな音色で演奏したいですよね。 これまで300名以上、30000回以上のレッスンをしてきて...